新潟の伝統工芸と繋がる タクミクラフト

繋がる - 新潟の伝統工芸の新しい挑戦

2017.02.12

工芸茶店参加作家 大橋保隆さん/鎚起銅器

「第33回新潟県伝統的工芸品展」タクミクラフト+田中清助商店 工芸茶店にご参加いただいた工芸作家の皆さんをご紹介します。

大橋保隆さんの湯沸

投稿日:2017年2月12日 更新日:

作家_大橋保隆さん金物・洋食器の街として知られる新潟県燕市に生まれた大橋保隆さんは、鎚起銅器職人の父の背中を見て育ち、小さい頃から夢は“職人”だったという。中学を卒業後、世間を知る為の修行に出た後、鎚起銅器の世界に入った。鎚起銅器とは、新潟県燕市に200年前から伝わる伝統工芸。一枚の銅板を金鎚でひたすらに叩き起こし、鍋、湯沸、カップなど、様々な形をつくり出す技術だ。
「銅という金属は、長い人類の歴史の中で身近なものとして親しまれてきました。使い込まれる程に風合いや艶を深め、成長してゆく器です」と大橋さん。職人の修行を始め20年目。手仕事の世界から想像力を育めるような器づくりを目指し、創作活動を続けている。大橋さんの小さな工房では、今日も銅を叩くカンカンカンカン…という小気味良い音が響き渡っている。

TEXT:新潟モノ物語

会場に来てくださった大橋さん、湯沸しを手に

大橋さんのカップ大橋保隆さんの建水・湯沸大橋保隆さんの豆皿・カップ

 
 
 
 
 

鎚起銅器職人 大橋保隆さん
〒959-1200 新潟県燕市中央通2丁目3-43-1
TEL/FAX 0256-66-3936
E-mail info@higesyokunin.lovepop.jp
Facebook 鎚起銅器職人大橋保隆
職人 大橋保隆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

足立茂久商店 花立(限定品)

工芸茶店参加作家 足立茂久商店 足立照久さん/寺泊山田の曲げわっぱ

柏崎の恒炎窯とコラボした曲輪の花立 かつて曲げ物の生産地として栄えた新潟県の海沿いの集落、寺泊山田は、街道沿いに昔ながらの木造家屋が軒を連ね、西側には雄大な日本海が広がる場所。江戸時代から続く足立茂久 …

鈴木浩昭さんポートレイト

古民家展参加作家 鈴木石太郎タンス店 鈴木浩昭さん/加茂桐簞笥

鈴木浩昭さん 自身の工房にて 創業明治20年、伝統的工芸品 加茂桐簞笥の老舗 鈴木石太郎タンス店の熟練職人。全国最大の産地である加茂で、桐簞笥が造られるようになったのは220年以上前。江戸時代末期より …

仏壇の匠たちによる ‘コイオキ KOIOKI’ シリーズ チラシができました

さまざまな絵柄が楽しい色漆錦鯉 2017年春に発表し、2018年春からは、新潟の仏壇職人の連携によって製作されているコイオキ。 色漆錦鯉の創作者である新潟仏壇 塗箔師・羽賀良介さんが、ずっと大切に温め …

コイオキin小千谷縮

コイオキ in 小千谷縮 | 仏壇の匠がコラボレーション

タクミクラフト 古民家展2018 にてお披露目&予約受付 @北方文化博物館 常盤荘 2018.05.03 – 06 【終了しました】 タクミクラフト 古民家展2018 開催 コイオキ in …

作家紹介 足立茂久商店 足立照久さん/寺泊山田の曲物

タクミクラフト取扱作家の足立茂久商店 足立照久さんをご紹介します。 タクミクラフトWEBや展示会では、円谷プロの監修を受け足立茂久商店が企画開発したウルトラセブンシリーズを中心にご案内していますが、足 …

匠の言葉、製作風景

匠へのインタビューレポート、製作する姿を追ったショートムービー

伝統を育む風土、
匠に聞く豆知識

16の伝統的工芸品にまつわるあれこれ

手に取る工芸品、
目の前の匠

実際に工芸品をみる、つくり手に出会えるチャンス

匠の技をなぞる

製作体験ができる工房、施設、イベント

手元に置きたい!
持ち帰る工芸品

工芸品が購入できる店、施設、イベント

これからの工芸

新しい取組、産地の若手職人情報

解説: 調べる 注意: これは現在の親テーマ内のファイルです。 ファイルを更新 WordPress のご利用ありがとうございます。 バージョン 4.7.2