新潟の伝統工芸と繋がる タクミクラフト

買う

2018.02.27

The 3rd Unique Product Produced by 'Adachi Shigehisa Shoten' and 'Tsuburaya Production' for The Ultra Series

ウルトラセブンシリーズ第3弾「ウルトラ警備隊エンブレム オブジェ」登場!

タクミクラフト・ショップ 受注販売開始 /2018年3月3日 SAT 〜

投稿日:2018年2月27日 更新日:

ψ(<・>ж<・>)ψ
3/3〜 タクミクラフト・ショップで「ウルトラ警備隊エンブレム オブジェ」の受注販売開始! 〔回{}回〕☆
☆\(o|o)/

新潟の伝統工芸品 寺泊山田の曲げ物 足立茂久商店×円谷プロ ウルトラセブンシリーズ第3弾!
2018年3月3日発売の足立茂久商店の新作 「ウルトラ警備隊エンブレム オブジェ」を、同日よりタクミクラフト・ショップにて受注販売いたします。

■「ウルトラ警備隊エンブレム オブジェ」 とは・・・■ ψ(<・>ж<・>)ψ

2017年から足立茂久商店が円谷プロの監修を受け企画製作している「ウルトラセブン」放送開始50年記念のシリーズです。
第1弾 ウルトラセブンスツール、第2弾 ウルトラセブン 小物入れに続く第3弾の本オブジェは、まさにアート作品。足立照久さんがアートディレクターとなり、新潟の4人の職人が各パーツを丹精込めて製造しました。全てのパーツが融合してウルトラセブンの世界観を作り上げています。

Ultra Guard Member’s Emblem Display
The two products produced by ‘Adachi Shigehisa Shoten’ and ‘Tsuburaya Production’ for The Ultra Series started in 2017 as the 50th year celebration of Ultraseven broadcasting. However, it has continued for the 3rd project and produced another unique ornament. This time, it is called ‘Ultra Guard member’s emblem display’. It is going to be on sale from 3rd March 2018 on our website. Four Niigata artisans took a part in the creation. They expressed the world of Ultraman from their artistic eyes successfully.

曲輪球体|寺泊山田の曲げ物 足立茂久商店 足立照久
曲げ物の伝統技術を用い、折れやすいヒノキの曲げ輪を山桜の皮で1本1本丁寧に綴じました。

Bentwood Work|Mr. Adachi of Adachi Shigehisa Shoten made the frame.
He built the frame with Japanese cypress using his Magewappa technique bending to make a combination of round shapes. A piece of bark from cherry trees was used for binding the individual shape. It looks incredible on its own.

ステンドグラスのエンブレム|ガラス工房 faraj(ファラジ)
作品の核となるエンブレムは、ガラスの切り出し、削り、接合ハンダ付けをすべて手作業で行っています。ステンドグラスでは通常用いることのない鋭角の切り出しや、複雑なパーツ同士のハンダ固定など、高難度の技術を用いて製作されました。

Mr. Maruyama of glass workshop, faraj made the glass emblem.His highly skilled stained-glass technique enabled him to create the amazing product. It was entirely made by hand including every sharp corner.

エンブレムスタンド|アクリル加工 ワタナベ加工
エンブレムが球体の中央に浮遊しているかのように見せているのはアクリル製の専用スタンド。アクリル板の切り出し、曲げ加工をすべて手作業で行っています。

Mr.Watanabe made the acrylic stand for its specification.
He makes a custom-made showcase for it on request.

朱塗りの五角形台座|阿部仏壇製作所
仏壇製作の技術を生かし、木地師が五角形の木地を製作し、塗師が朱塗りに仕上げました。

The pentagonal red lacquered wooden base was made by a team from Abe Bustudan Seisakusho in Niigata using the skill of butsudan construction.


photo/ Ohashi Hirona. (パーツ写真下から3点)

〈ウルトラ警備隊エンブレム オブジェ〉 ☆〔回{}回〕☆

ウルトラ警備隊エンブレム オブジェ
大  97,800円(税込)
小  
77,770円(税込)
タクミクラフト・ショップでご購入の場合は送料無料。(国内に限ります。)
海外発送をご希望の方は事前にお問い合わせください。

Ultra Guard member’s emblem display
Price (Tax included): Large ¥97,800 Small
¥77,770
If you order on our website, we will ship freight free anywhere in Japan.
The shipment for overseas can be arranged. Please let us know at the time of ordering.
info@takumicraft.com

足立茂久商店製 「ウルトラ警備隊エンブレム オブジェ」解説書付。PDF版をこちらからダウンロードできます。
商品は専用個装箱にてお届けします。
別途、受注販売にてワタナベ加工製、特注の専用アクリルケースをご用意できます。写真のケースは背面部分がミラー仕様になっています。
詳しくはinfo@takumicraft.com までお問い合わせください。
If you wish to order a custom-made acrylic showcase from Mr. Watanabe, please let us know. We are happy to have your request.

製作: 足立茂久商店 × falaj(ファラジ) × ワタナベ加工 × 阿部仏壇製作所 ©円谷プロ
材質:(曲げ輪の球体)天然木/ヒノキ、山桜の皮 (エンブレム)ガラス、銅、ハンダ (スタンド)アクリル樹脂 (五角形台座)天然木/ヒノキ、朱塗り仕上
サイズ:(大)W約260mm×D約260mm×H約260mm (小)W約215mm×D約215mm×H約215mm
Made in Niigata, Japan

☆NEWS☆ ウルトラ警備隊エンブレム オブジェは、長岡市のふるさと納税返礼品にも指定されています。

Artisans : Adachi Shigehisa Shoten, faraj, Watanabe Kako and Abe Bustudan Seisakusho
Copyright by Tsuburaya production
Material / Frame : Japanese cypress, bark from a cherry tree / Emblem : glass, copper, solder / Stand : acrylic resin / Pentagon-shaped base : Japanese cypress, red lacquer
Size / Large : wide about 260mm x depth 260mm x hight 260mm / Small : wide about 215mm x depth 215mm x hight 215mm

※一つ一つ手作業で製作しているため、作品の表情はすべて異なります。写真はイメージとしてご覧ください。
It is all made by hand individually therefore it may differ from the pictures on the website.

■作家プロフィール ☆\(o|o)/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

11代目 足立照久 足立茂久商店|寺泊山田の曲げ物

11代目 足立照久かつて曲げ物の生産地として栄えた新潟県の海沿いの集落、寺泊山田で江戸時代から続く足立茂久商店は、集落で今もなお続くただ一軒の篩屋(ふるいや)。長岡市無形文化財にも指定されている。現在は11代目の足立照久さんが、フルイや裏ごし、わっぱ蒸籠などの曲げ物を、手作業で製造している。県内外の和菓子店や割烹のために伝統の曲げ物を製造する傍ら、照明などのインテリア製品、県内工芸作家とのコラボ商品などを意欲的に企画・発表している。
<関連記事> 作家紹介 足立茂久商店 足立照久さん/寺泊山田の曲げ物

Click here for more information about Adachi Shigehisa Shoten.

PHOTO:ナカニシミカ / 新潟モノ物語(人物)

 

寺泊山田の曲げ物 足立茂久商店 足立照久さん
Teradomariyamada Bentwood Work Mr.Teruhisa Adachi of Adachi Shigehisa Shoten

〒940-2526 新潟県長岡市寺泊山田1289
1289 Teradomariyamada, Nagaoka-shi, Niigata 9402526
TEL/FAX 0258-75-3190

■受注販売について■ ☆\(o|o)/

〈お届け予定について〉

・ご注文受付後に各作家が制作しお届けいたします。
・一点一点手作りのため、お待ちいただく場合もございますがご了承ください。
・お届けの準備が完了しましたらメールにてお知らせします。
・配送はクロネコヤマト便でお届け予定です。発送準備完了のご連絡をしました際に、ご希望の日時をお知らせください。
・海外発送をご希望の方は事前にお問い合わせください。

〈キャンセル、お支払いについて〉

・ご注文受付完了後、5営業日以内に代金をお振込ください。期限を過ぎると自動キャンセルとなります。
・お振込完了後に各作家が製作を開始します。作業に着手していますので、それ以降はキャンセルできません。ご注意ください。
・お届け時の送料、代金振込手数料はお客様のご負担とさせていただきますのでご了承ください。なお、送料はショップ個別商品ページから確認できます。

〈修理について〉

・お届け後、万一落下等で破損した場合は、交換/修理を承ります(有償)。まずは状況を info@takumicraft.com までご連絡ください。

■ウルトラ警備隊エンブレム オブジェのお取り扱いについて■ ψ(<+>ж<+>)ψ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

お手入れの方法

・曲げ輪の本体部分は、汚れが乾かないうちに水気のある清潔な布で拭いた後、柔らかい布で水分を拭き取るようにしていただくと長持ちします。
・エンブレム、スタンド、五角形台座は、乾拭き、水拭きしてください。特にエンブレムは、ガラス製で尖った部分もありますので、十分注意してください。

ご注意ください

・鑑賞以外の用途には使用しないでください。
・火のそばには近づけないでください。
・各パーツは固定されません。移動の際には十分ご注意ください。
・硬いものにぶつけたり落としたりするなどの急激な衝撃を与えないでください。
・安全のため、破損・ひび割れがある場合は使用しないでください。
・同封の取扱説明書をお読みのうえご使用ください。

タクミクラフト・ショップ

タクミクラフト・ショップ ガイド


コメントを残す

関連記事

タクミクラフト・ショップ Q&A|よくあるご質問

この他のご質問はメールにてお問い合わせください。 特注品/オプション仕様に関するお問い合わせ   ’KOIOKI コイオキ’ に名入れをしたい。鯉の絵柄を特注したい。桐箱のサイ …

「KOIOKI コイオキ 色漆錦鯉×特製桐箱」焼桐仕上のシリーズ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓°)))彡 新潟の誇る伝統工芸 新潟仏壇×加茂桐簞笥のコラボレーション! 新潟仏壇 羽賀佛壇店のめおと伝統工芸士 羽賀良介さん・富美子さんによる愛 …

タクミクラフト・ショップ 利用規約

  下記タクミクラフト・ショップ 利用規約をご一読いただいてから、ショップをご利用ください。 ショップからご注文いただいた方は、本規約内容を了解しお買い物してくださっているとみなしますので、何卒ご了承 …

Takumicraft Shop Terms and Conditions (English)

  Please read the following terms and conditions carefully before you make any purchases.SHOP Before …

タクミクラフト・ショップ お買い物ガイド

お買い物前に、ショップ利用規約をご覧ください。 ‘KOIOKI コイオキ’ をご購入の場合は、こちらをご覧ください。 タクミクラフトWEB 各作品の詳細ページへ 作品の種類を選 …

匠の言葉、製作風景

匠へのインタビューレポート、製作する姿を追ったショートムービー

伝統を育む風土、
匠に聞く豆知識

16の伝統的工芸品にまつわるあれこれ

手に取る工芸品、
目の前の匠

実際に工芸品をみる、つくり手に出会えるチャンス

匠の技をなぞる

製作体験ができる工房、施設、イベント

手元に置きたい!
持ち帰る工芸品

工芸品が購入できる店、施設、イベント

これからの工芸

新しい取組、産地の若手職人情報

解説: 調べる 注意: これは現在の親テーマ内のファイルです。 ファイルを更新 WordPress のご利用ありがとうございます。 バージョン 4.7.2