新潟の伝統工芸と繋がる タクミクラフト

繋がる

2017.05.02

タクミクラフト古民家展にご参加いただいた工芸作家の皆さんをご紹介します。

古民家展参加作家 鈴木石太郎タンス店 鈴木浩昭さん/加茂桐簞笥

開催:2017年5月3日 WED 〜7日 SUN 9:00~17:00/17:30〜19:00(最終日 17:00)

鈴木浩昭さんポートレイト

投稿日:2017年5月2日 更新日:

鈴木浩昭さん 自身の工房にて

創業明治20年、伝統的工芸品 加茂桐簞笥の老舗 鈴木石太郎タンス店の熟練職人。全国最大の産地である加茂で、桐簞笥が造られるようになったのは220年以上前。江戸時代末期より加茂桐簞笥として全国に名を馳せました。原木の製材・アク抜き・天然乾燥と、産地で3年間手塩にかけた桐材と職人の見事な手技が合わさることで、桐の木肌のぬくもり、絹に例えられる白い艶や柾目の色合いをもつ最高級家具が出来上がります。

なかでも鈴木さんは国産桐にこだわり、伝統簞笥の製造にとどまらないアイディア溢れる現代の桐製品を次々と発表。素材の性質を知り尽くした職人だからこそ考案できる新作のスマホ用スピーカーは、シンプルで軽量、驚きの音質のよさが評判です。今回、古民家展では新潟佛壇 羽賀佛壇店とのコラボ商品、色漆鯉の箸置き用特製桐箱のほか、スピーカーやスツール、コーヒーケースなどたくさんの作品を展示しました。

鉋掛けが命と語る鈴木さん、聞けば体育大学出身のスキーヤーだとか。マルチな熟練職人の次の閃きが楽しみでなりません。

鈴木浩昭 桐エコスピーカー鈴木浩昭 行灯

左:桐エコスピーカー(スマートフォン/iPod 用)、
右:灯り

<記事> 2017.5.14 タクミクラフト 古民家展&足立茂久商店 曲げ輪の惑星 展示レポート
<記事> 2017.5.5 伝統的工芸品によるコラボ、色漆鯉箸置きお披露目

PHOTO:ナカニシ ミカ

加茂桐簞笥 鈴木石太郎タンス店
鈴木浩昭さん

〒959-1354 新潟県加茂市新町1-6-7
TEL 0256-52-0994
Web http://suzuki-tansu.com/

コメントを残す

関連記事

三条仏壇 蒔絵カトラリー

工芸茶店参加作家 春日美雪さん/三条仏壇 蒔絵師

地元 燕の企業とコラボし、蒔絵をあしらったデザートスプーンは口当たりなめらか 三条仏壇 蒔絵部門の伝統工芸士、春日美雪さんの手から生まれる蒔絵は、実に華やかで、艶やかだ。春日さんがさらさらさらと筆を走 …

苧麻バック

古民家展参加作家 piquant /バッグ作家×南魚沼市栃窪産の苧麻

越後の遅い春の風物詩、雪さらしで有名な越後上布は、ユネスコ無形文化遺産指定の夏物の着物として最高級の麻織物。苧麻(ちょま、別名:カラムシ)と呼ばれる植物の繊維から糸を作り、気の遠くなるようなたくさんの …

羽賀富美子さん 蒔絵ピアス

工芸茶店参加作家 羽賀佛壇店 羽賀良介さん・富美子さん/新潟仏壇 塗箔師・蒔絵師

細かな金粉のドットがきらめく蒔絵のピアス ご夫婦で新潟・白根仏壇の伝統工芸士である羽賀良介さん、富美子さん。塗箔師の良介さんは、5職(木地、彫刻、金具、塗箔、蒔絵)の分業で製作される仏壇工程のいわばプ …

仏壇の匠たちによる ‘コイオキ KOIOKI’ シリーズ チラシができました

さまざまな絵柄が楽しい色漆錦鯉 2017年春に発表し、2018年春からは、新潟の仏壇職人の連携によって製作されているコイオキ。 色漆錦鯉の創作者である新潟仏壇 塗箔師・羽賀良介さんが、ずっと大切に温め …

佐藤裕美さん 蒔絵アクセサリー

工芸茶店参加作家 佐藤裕美さん/新潟仏壇 蒔絵師

本漆を用いた蒔絵アクセサリー。おにぎり、笹だんごと新潟ならではのモチーフに思わず頬が緩む。 幼い頃からずっと絵を描くことが大好きで、イラストレーターとして活躍中の佐藤裕美さん。カラフルな手形が予想外の …

匠の言葉、製作風景

匠へのインタビューレポート、製作する姿を追ったショートムービー

伝統を育む風土、
匠に聞く豆知識

16の伝統的工芸品にまつわるあれこれ

手に取る工芸品、
目の前の匠

実際に工芸品をみる、つくり手に出会えるチャンス

匠の技をなぞる

製作体験ができる工房、施設、イベント

手元に置きたい!
持ち帰る工芸品

工芸品が購入できる店、施設、イベント

これからの工芸

新しい取組、産地の若手職人情報

解説: 調べる 注意: これは現在の親テーマ内のファイルです。 ファイルを更新 WordPress のご利用ありがとうございます。 バージョン 4.7.2