新潟の伝統工芸と繋がる タクミクラフト

繋がる

2017.05.02

タクミクラフト古民家展にご参加いただいた工芸作家の皆さんをご紹介します。

古民家展参加作家 piquant /バッグ作家×南魚沼市栃窪産の苧麻

Piquant | Weaver

開催:2017年5月3日 WED 〜7日 SUN 9:00~17:00/17:30〜19:00(最終日 17:00)

苧麻バック

投稿日:2017年5月2日 更新日:

苧麻バック

越後の遅い春の風物詩、雪さらしで有名な越後上布は、ユネスコ無形文化遺産指定の夏物の着物として最高級の麻織物。苧麻(ちょま、別名:カラムシ)と呼ばれる植物の繊維から糸を作り、気の遠くなるようなたくさんの手作業を経てやっと一反の織物になります。この貴重な織物の原料・苧麻を、越後上布技術保存協会が地元栃窪の小学生と一緒に試験栽培をしています。

今回、この特別な南魚沼市栃窪産の苧麻をわけていただき、東京在住の作家、piquant(ピクァント)さんにバッグを製作してもらいました。piquantさんは普段、海外のアンティークリボンなど一点ものの素材でオーダーメイドのバッグを作られていて、東京・代官山では注文があとを絶たない人気作家です。
「苧麻は見るのも触るのも初めて。1本1本大切に結びながら編みこんで、自然素材がアクセントのクラッチバッグに仕立てました。」と、苧麻のナチュラルな美しさをすっかり気に入ってくださったようです。

澄んだ水と空気で育った、素朴で強くて生命力溢れる苧麻と、美しい異国のリボンたちが思わぬ形で出会った、その名もchoma bag。以後お見知りおきを。

Piquant | Weaver
Piquant makes a unique bag for each customer after having a detailed discussion about styles and preferences before creating begins. She uses beautiful antic laces and ribbons from overseas and weaves them to produce an only braided bag for the customer. All her creations are made by hand. Although she is from Kyoto originally, she works In Tokyo. There are two shops where you can make an order, one in Daikanyama, Tokyo and the other is in Fukuoka. Orders are flooded in continuously due to the popularity.

カラフルなchoma bag トート(左)は、アンティークリボンなどと共に編み込まれた苧麻がアクセントに
PHOTO:(人物)ナカニシ ミカ/(作品)MORIHASHI

協力:越後上布技術保存協会

バッグ作家 piquant さん
E-mail saeka429saeka@icloud.com
INSTAGRAM piquant_piquant

コメントを残す

関連記事

コイオキin小千谷縮

コイオキ in 小千谷縮 | 仏壇の匠がコラボレーション

タクミクラフト 古民家展2018 にてお披露目&予約受付 @北方文化博物館 常盤荘 2018.05.03 – 06 【終了しました】 タクミクラフト 古民家展2018 開催 コイオキ in …

仏壇の匠たちによる ‘コイオキ KOIOKI’ シリーズ チラシができました

さまざまな絵柄が楽しい色漆錦鯉 2017年春に発表し、2018年春からは、新潟の仏壇職人の連携によって製作されているコイオキ。 色漆錦鯉の創作者である新潟仏壇 塗箔師・羽賀良介さんが、ずっと大切に温め …

佐藤裕美さん 蒔絵アクセサリー

工芸茶店参加作家 佐藤裕美さん/新潟仏壇 蒔絵師

本漆を用いた蒔絵アクセサリー。おにぎり、笹だんごと新潟ならではのモチーフに思わず頬が緩む。 幼い頃からずっと絵を描くことが大好きで、イラストレーターとして活躍中の佐藤裕美さん。カラフルな手形が予想外の …

鈴木浩昭さんポートレイト

古民家展参加作家 鈴木石太郎タンス店 鈴木浩昭さん/加茂桐簞笥

鈴木浩昭さん 自身の工房にて 創業明治20年、伝統的工芸品 加茂桐簞笥の老舗 鈴木石太郎タンス店の熟練職人。全国最大の産地である加茂で、桐簞笥が造られるようになったのは220年以上前。江戸時代末期より …

村上木彫堆朱 池野さん帯留め

工芸茶店参加作家 池野律子さん・里美さん/村上木彫堆朱 塗師

色も形も美しい帯留め 伝統的工芸品 村上木彫堆朱は、名に「朱」が入るほど、その深みある朱(あか)色が特徴である。木地師、塗師、彫師の3職が連携して作り上げる精緻な工芸品の数々には、守り続けてきた伝統技 …

匠の言葉、製作風景

匠へのインタビューレポート、製作する姿を追ったショートムービー

伝統を育む風土、
匠に聞く豆知識

16の伝統的工芸品にまつわるあれこれ

手に取る工芸品、
目の前の匠

実際に工芸品をみる、つくり手に出会えるチャンス

匠の技をなぞる

製作体験ができる工房、施設、イベント

手元に置きたい!
持ち帰る工芸品

工芸品が購入できる店、施設、イベント

これからの工芸

新しい取組、産地の若手職人情報

解説: 調べる 注意: これは現在の親テーマ内のファイルです。 ファイルを更新 WordPress のご利用ありがとうございます。 バージョン 4.7.2