新潟の伝統工芸と繋がる タクミクラフト

知る

2020.08.24

新潟日報みらい大学「古くてあたらしい新潟の伝統工芸」

開催:2020年9月20日 SUN 13:30~17:00

みらい大学

投稿日:2020年8月24日 更新日:

新潟日報みらい大学「古くてあたらしい新潟の伝統工芸」

伝統工芸の現在を伝えるトークイベントに、県内の作り手のみなさんとともにタクミクラフトも参加いたします。
トークは会場参加、ライブ配信視聴のどちらも事前申し込み制、無料で参加いただけます。
会場内で行う小さな展示販売会では、参加作家とタクミクラフト取り扱い作品の一部を展示販売いたします。販売会はどなたでもご覧いただけますので、お気軽にお越しください。

2020年9月20日(日)
13:30~15:00

トークセッション(開場13:00)事前申し込み制
ライブ配信あり

15:00~17:00
伝統工芸品の展示とちいさな販売会
どなたでもご自由にご覧いただけます

会場:新潟日報メディアシップ2階日報ホール(新潟市中央区万代3-1-1)

基調講演「古くてあたらしい新潟の伝統工芸」13:30~15:00

新潟県には地域の資源を生かし、技術の継承で歴史を重ねてきた多くの工芸品があります。
伝統を守りながら新しい試みに挑戦するものづくりへの思いや、その活動を支援する取り組みについて、県内の伝統工芸のつくり手の皆さんらが語ります。会場内では工芸品の展示と一部作品の販売会も行います。

入場無料
事前申込制(抽選)定員50人・ウェビナー配信あり
申込 9月9日(水)必着 申し込みはこちらから

当日の講演の模様は、Zoomでのライブ配信も行われます。
申込 9月19日(土)23:00まで 視聴申し込みはこちらから
※当初9/17までとご案内しておりましたが、締切延長されました。

伝統工芸品の展示とちいさな販売会 (同会場) 15:00~17:00

ご登壇いただく伝統工芸の作り手による作品の展示と、タクミクラフトオンラインショップで取り扱っている作品の一部を販売します。この機会にぜひご覧ください。
※展示販売会は、みらい大学公開講座へ参加する方以外もどなたでも自由にご覧いただけます。(申し込み不要ですが、新型ウイルス感染症対策の一環でホール受付にお立ち寄りください。)

トークセッション参加者

大滝ジュンコ

大滝ジュンコさん (伝統的工芸品 羽越しな布 つくり手/マタギの嫁)
photo: mika nakanishi

1977年 埼玉県生まれ。東北芸術工科大学工芸コース卒業・同大学院実験芸術領域修了。現代美術家・しな布作家。場が息を吹き返す、または美しく閉じるためのアート活動を、全国各地、各国で行う。長崎県波佐見町「ギャラリーモンネポルト」代表(2007-2011)、富山県氷見市「アートNPOヒミング」アートマネージャー(2011-2015)など、アートと地域文化を活用した活性化事業や、各地方紙、雑誌などへの連載も。新潟県村上市山熊田のマタギを取り巻く文化に衝撃を受け、2015年移住。山熊田マタギの頭領と結婚。現在、樹皮から作る日本三大古代布「羽越しな布」をはじめ、絶滅危惧文化の伝統継承を行っている。

桑原 博

桑原 博さん (塩沢織物の伝統工芸士)
photo: mika nakanishi

1955年 新潟県南魚沼市生まれ。塩沢の代々織物家業の家に生まれる。東京日本橋の三幸商店にて2年間、全国の織物について学び、その後訓練校にて染織工芸科を専攻。卒業後桑原織物株式会社入社。20年以上の修行の後、代表取締役就任。1995年、伝統工芸士の資格取得。現在も製作に励むとともに、後進の育成や技術の継承に奔走し、特に毎年開催の雪晒し講習会(2020年は中止)では中心となって広報活動を行なっている。
国指定重要無形文化財・ユネスコ無形文化遺産 越後上布 製作者・越後上布技術保存協会会員/塩沢織物 工芸士会 会長・塩沢織物工業協同組合 理事長。

渡邉 和也

渡邉 和也さん (鍛金師)
photo: mika nakanishi

1978年 新潟県三条市生まれ。長岡造形大学にて鍛金を専攻。2001年 株式会社玉川堂入社。2006年 玉川堂退社、独立し鍛工舎を設立。個展、オーダー制作を中心に活動。2017年 LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 新潟代表。伝統を活かしつつも縛られる事なく、現代に求められる工芸の在り方を模索している。

タクミクラフト スタッフ

タクミクラフト

フリーランスとして新潟市を拠点に活動するデザイナー 飯塚由美子(パルスデザイン)と、アートコーディネーター 川越千紗子(クエルカ)の2名で、2016年に「タクミクラフト」のユニット活動を開始。それぞれに個別の活動をしながら、タクミクラフト名義では、お互いの強みを活かして新潟の伝統工芸の広報支援や展示会企画・運営等を行っている。※タクミクラフトは二人で活動をする際のユニット名


コメントを残す

関連記事

十日町 御機神社

十日町織物産地|機織りの神様 御機神社を訪ねて

十日町総鎮守 諏訪神社の境内にある「機(はた)神社」。地域では一般に「黒姫神社」と呼ばれ親しまれている。   本日、6月6日は、日本有数のきもの総合産地と名高い十日町織物産地にとって、大切な神事のある …

タクミクラフト古民家展2019 スポット展示

古民家展2019 レポート① スポット展示の種明かし

タクミクラフト古民家展2019 レポート① スポット展示の種明かし 5月3日から5日までの3日間、晴天に恵まれるなか開催した古民家展2019。ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。ま …

十日町 御機神社

Why Not Visit A Unique Original Shrine of Tokamachi ?

Hata Shrine called Kuroshime Jinja locally.   Tokamachi is the one of the most famous kimono produci …

匠の言葉、製作風景

匠へのインタビューレポート、製作する姿を追ったショートムービー

伝統を育む風土、
匠に聞く豆知識

16の伝統的工芸品にまつわるあれこれ

手に取る工芸品、
目の前の匠

実際に工芸品をみる、つくり手に出会えるチャンス

匠の技をなぞる

製作体験ができる工房、施設、イベント

手元に置きたい!
持ち帰る工芸品

工芸品が購入できる店、施設、イベント

これからの工芸

新しい取組、産地の若手職人情報

解説: 調べる 注意: これは現在の親テーマ内のファイルです。 ファイルを更新 WordPress のご利用ありがとうございます。 バージョン 4.7.2